Empower-Dietを振り返って

最高に幸せな21日間でした。
終わってしまった今は、ただただ寂しいです。

Empower-Dietは、原点に戻る21日間です。
あらゆる束縛から解き放たれ、タブーのない、自由な私に戻るメソッドです。

メソッドのプロセスは、始めから終わりまで、実践する本人の意思で進めていきます。
一歩一歩、自分の足で歩いていかなければなりません。

プロセスのとある段階では、暗闇に迷い込んだり、孤独を強く感じて、この先一歩も進めないような思いになることもあります。しかし決して一人ではありません。Empower-Dietの肝(きも)は、ここにあると感じました。

プロセス冒頭の樹セッションでは、こりかたまってしまった自分の枠の外にある、未来や希望に光があたります。

自身でも気がついていなかった可能性を前に、最初は半信半疑。
「こんなこと、本当に望んでいいのだろうか?」

21日間を終えた今は、自信をもって言えます。
「いいんです」

何者でもない私の中には、無限の可能性と幸せが、どこまでもどこまでも広がっていました。
そこへのアクセスキーは「感謝」でした。

私の中に入ってくるもの。出て行くもの。
湧き上がってくるもの。見たくないもの。
しがみつきたいもの。手放したいもの。
正気と狂気。ポジティブとネガティヴ。

相反する全てに心からの感謝を込めて。

ここまで私を繋いでくださった全ての存在にも感謝を込めて。

ありがとうございます。   

(Hさん、
本気でやり続けた21日、感動しました。
樹と平野へのご褒美の至福のメッセージ、
涙と歓びが溢れ、
胸が苦しくなりました。
溢れたままにして、
たっぷり味わいました。
ありがとうございます。)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。